レジャー テント 簡単

レジャー用のテントの購入を考えた時に悩むのが
本格的なテントがいいか?
いやいや、やっぱり簡単なテントで十分じゃないか?
と悩まれることでしょう。
結論から言えば
レジャー用のテントなら簡単なモノでいい!」
ということなんです。

レジャーのテントは簡単なほうが断然良い!高い本格的なテントは後悔するよ


レジャー用のテントなら断然簡単なテントがおすすめです。
所詮といえば言葉は悪いいですが、レジャー程度ならば高い本格的なテントのほうが使い勝手が悪いものです。
確かに本格的なテントは、防寒性や防風性、防水性に優れています。
でも、レジャーならそんな
・寒い時に
・風の強い日に
・雨のい強い日に
出かけないと思うので鵜sが・・・・

レジャー用テントに最適な簡単ワンタッチテント(ポップアップテント)

最近はこのワンタッチテント(ポップアップテント)がすごく人気です。
こんな風にパッと開いてあっという間にテント設営完了です。

ワンタッチテント(ポップアップテント)のメリット

ワンタッチテント(ポップアップテント)のメリットを考えてみましょう。、

設営が簡単


なんといってもワンタッチテント(ポップアップテント)の最大の魅力はその設置の簡単さでしょう。
この気軽さ手軽さが人気のい秘密だと思います。
テントとポールが一体になっていて簡単に設営できます。

テント設営に時間をかけるよりも、せっかくのレジャーですから遊びや家族との時間のほうを優先したいものです。

サブテントとして重宝する(着替え・荷物置き場)


レジャー用のテントなら必ずしもそこでねとあm利するとは限りません。
例えば「海水浴」なら着替えスペースや荷物置き場として重宝します。・

ワンタッチテントと侮るなかれ!性能は高いものもある

ワンタッチテント(ポップアップテント)の中にもハイスペックなモノもたくさんあります。
小さな1人用から 家族ゆったり3~5人用までバラエティに富んでいます。
さらに5人6人と大人数の家族でも大丈夫なモノまであります。

初心者にも嬉しい

テントというとそどうしても初心者には難しいイメージがあります。
でもこのpワンタッチテントならテント泊入門にぴったりです。
とりあえずテント泊を始めてみたい方にもおすすめです。

ワンタッチテント(ポップアップテント)のデメリット

レジャー用のテントに最適なワンタッチテントですがデメリットも知っておかないといけません。

安価なものは快適性に問題がある

ワンタッチテントはそれほどた秋物でhないのですが、それでも「やはりそこそこのモノをおすすめします。
値段に目を奪われて安物を購入すると後悔するからです。

安価なワンタッチテントはシングルウォール式が多く、ポールとウォールがみで構成されています。
これは
・寒い季節は結露しやすい
・雨に弱い
などの弱点があります。
ですので少し値段が高くてもいダブルウォール式のモノをおすすめします。

それでもワンタッチテント(ポップアップテント)は過酷な転向のものでは適していないことも知っておいてください。

広げる時は簡単でもしまう時にはコツがいる

ワンタッチテント8ぽプアップテント)は広げる時にはとても簡単なのですが、意外としまう時にはコツがいる物が多いです。
下手なしまい方をしてしまうとにt度と使えなくなることもあります。

ワンタッチテントを購入したら事前に一度広げてみてたたむ練習をしておくことをおすすめします。
コツさえつかめればそれほど難しいものではありません。

レジャー用テントとしてワンタッチテント(ポプアップテント)の選び方


ワンタッチテント(’ポップアップテント)にもいろいろなタイプがありそのお値段もピンキリです。
ですからそんぽ選び方もしっかりと考えておかないといけません。

遮熱性

暑い季節が最もレジャーに出かける機会が多いと思います。
遮熱性・遮光性があり、またUV加工など紫外線も防いでくれるものがおすすめです。
テント内で熱中症にでもなってしまったら大変です。
遮熱性のあるテント記事で内部の温度上昇を少しでも緩和するものがよいでしょう。
※とはいってもア夏場は厚くなりますが・・・

換気性

上記の遮熱性と関連するのですが、換気性もよく注意して選んでください。
通気性の良い素材
大きな網戸が設置できる
そんなテントがおすすめです。
※夏場は網戸がない場合、蚊などの虫視対策で後悔すると思います。
※エアコンのない外ですから小さな網戸では暑いです。

防水性

レジャーにうでかけている時に突然の雨ということは避けられません。
そんな突然の雨にも困らないように、耐水性のあるものを選びましょう。
安価なワンタッチテントは防水仕様ではないものありますので¥気を付けてください。
傘程度の耐水性では、短時間の弱い雨なら大丈夫でも長時間の雨や激しい雨だとテント内へ浸水もあります。
「耐水圧1,500mm」程度のものがひとつの選ぶ基準です。

ペグ付き・ペグなし

安価なワンタッチテントはペグなしタイプが多いです。
ペグなしでもワンタッチテントは十分自立するのですが、突然の強風時には少々不安が残ります。
ペグ付きのワンタッチテントを選べまそこそこの風邪でも安心です。

しかし、そもそもワンタッチテントは悪天候での使用には基本的に適してはいません。
ですのでいくらペグが打ってあるからといって」過信は禁物です。