車中泊 トイレ事情

車中泊での心配はトイレです。
特に女性や子供など家族連れで行く車中泊ではトイレのことは考えてあげなければなりません。
ですので、
①車中泊をする場所では「トイレがあること」を優先す
②次までのスケジュールを考えて取れを促しておく
③可にトイレを用意しておく

ことが大切です。

車中泊する場所はトイレのある所がベストなのは間違いない

車中泊する場所はトイレのある場所を選びたいものです。
ですから目的地から少し離れた場所も選択肢のひとつに入れてお行きましょう。

例えば

①高速道路のサービスエリア(SA)やパーキングエリア(PA(


車中泊でのトイレの問題だけでなく、利便性や安全面を考えれば高速道路のサ0ビスエリア(SA)やパーキングエリア’PA)は外せません。
道中の高層道路で最寄りのパーキングエリアやサービスエリアで車中泊をする。
そして、目的地でのすることによってタイミングを合わせて出発する。
それがベストな車中泊スケジュールかもしれません。、

高速道路のサービスエリアやパーキングエリアはどんなに小さくても24時間利用できるいトイレは完備されています。
さらには自動販売機も設置されているでしょう。
少し大きめのSA・PAならコンビニエンスストアもあります。
さらに24時間絶えず人の流れはありますし、明るいので女性がひとりでもトイレに行けます。

②道の駅

意外と便利なのが道の駅の駐車場です。
24時間利用できる広い駐車場と綺麗なトイレが完備されています。
ただし、道の駅ではマナーも守ることに注意しましょう。
それは騒がないということ。
このマナーを守らない車中泊ユーザーのせいで車中泊禁止の道の駅もたくさん出てきています。

③オートキャンプ場


車中泊とオートキャンプ
その境目はとても曖昧ではありますが、車中泊でオーとキャンプ場は外せません。
トイレの問題だけでなkぅ。自然に囲まれて過ごす一夜は格別です。

ただ、唯一のkじぇってhhあ「欠点はお金がかかることです。
それでも宿泊施設のことを考えれば破格の安さではあります。

施設の駐車場(公共や民間)

事前の確認は必要ですが、意外と公共や民間の施設の駐車場です。
例えば自治体が管理している大きな公園の駐車場です。
広い駐車場とトイレが完備されているところもたくさんあります。
夜間に出入口ゲートを閉めてしまうところもありますが、24時間開いているところもあります。

車中泊でのトイレ事情|寝る前にトイレスポットに立ち寄る

車中泊 トイレ

そもそもの車中泊はテント泊とは違い、その目的は宿泊で楽しく夜を過ぎすものではありません。
車中泊とは
・宿泊費を節約する
・アクティブに移動する
ためのものです。
ですので、「快適に寝る」ことができればそれで十分なのです。
だからこそ車中泊では寝る準備はいたって簡単です。

そこで、就寝前
「さあ、そろそろ寝るぞ」という直前にトイレスポットに立ち寄って用を済ませておくことで、大半は問題解決できます。
それくらいフットワークが軽いのが車中泊の魅力です。

車中泊でのトイレ事情|簡易トイレを用意しておく


大人だけの車中泊なら上記の就寝前のトイレスポットへの立ち寄りですませることができますが、子供連れの場合はそれで対処しきれないことも考えられます。

今はカーグッズやホームセンターで便利な可にトイレがたくさん販売されています。

なお、簡易トイレにはさまざまなタイプが売られていますが、おすすめは多少値が張ってもキチンと便座があるタイプです。
子供が使うのですから、超コンパクトな可にトイレはうまく使いこなせないこともあるからです。